引越しの間の荷物の置き場所に困った時に助かる貸倉庫

「引越し先の住まいに家具や家電をまだ搬入できない…」など、このような引越し時に伴う荷物の一時預かりが必要であれば、貸倉庫を利用してみてはどうでしょうか。貸倉庫は家の収納スペースに入りきらない物品を預けたり、引越しやリフォームの際の荷物の一時保管の場所としても活用できます。短期間や長期間と、都合に合わせて荷物を保管することが可能です。1畳半分の省スペースから3畳以上の広さがあるスペースまで、大小いろんな大きさの部屋があります。スペースの広さにより月額料金は左右するので、荷物の量に見合う大きさの部屋を契約するようにしましょう。

貸倉庫によって設備環境は異なる

貸倉庫は、屋内と屋外に設置されています。それぞれ特徴や環境が違うので、一時預かりをする荷物や目的に対応した倉庫を選ぶと失敗を防げます。屋内にある貸倉庫は温度や湿度管理、セキュリティの設備が整っているのが特徴的です。屋外型よりも高めのレンタル料金ですが、大型荷物用のエレベーターが付いていて物品の出し入れがしやすかったり、スタッフが常駐しているところもあって、大事な荷物を預けるうえで安心感があるでしょう。

屋外に設置している貸倉庫は自転車やバイクをはじめ、大型の荷物を預けられる広いスペースを借りられるという特徴があります。私用の車の出入りができる場合がほとんどで、スペースの入口に横付けして荷物の出し入れができます。屋外ですと、雨やホコリの侵入を心配する人もいるかもしれません。しかし、海上輸送用のコンテナをトランクルームに活用されていることが多く、意外と丈夫な造りで気密性も高いです。天候が悪くても雨の侵入を防いでくれるので、荷物を安全に保管できます。

3PLとは企業の物流部門を外部企業に委託することです。これにより、企業の人材を本業の生産や営業などに集中して活用できることが最大のメリットです。